糸を挿入するリフトアップ|費用を抑える目頭切開|クリニック選びの重要性
婦人

費用を抑える目頭切開|クリニック選びの重要性

糸を挿入するリフトアップ

女の人

糸を使う理由とは

美容整形のリフトアップには糸を皮膚に挿入する方法があります。「糸を挿入して意味があるのか」と疑問を抱く人も少なくないでしょう。しかし、この糸はヒアルロン酸やコラーゲンを皮膚内での生成を促す効果があるため、しわやたるみの予防や改善に効果が期待されている施術法です。実際に美容整形クリニックでは頻繁に使われている方法です。金素材やバイオ素材によって作られており、体質に応じて選ぶことが出来ます。しわやたるみの解消法というとヒアルロン酸注入法もあり利便性が高いです。その一方で半年から数年で注入したヒアルロン酸が体内に吸収されるため、効果を持続させるためには定期的にヒアルロン酸注入する必要があるわけです。

半永久的に効果がある

一方、糸を挿入するリフトアップでは一度の施術によって半永久的にしわやたるみに対して効果を得ることができると言われています。なぜならば、使われる糸は金素材にしてもバイオ素材にしても、体内にずっと留まるからです。その施術時間も数十分ほどの短期間で終わるため人体への負担もほとんどありません。1回の施術の費用はヒアルロン酸注入法の方が安いですが、リフトアップは繰り返し行う必要がありません。そのため、長期的にみれば糸を挿入するリフトアップのほうがコストパフォーマンスが高いのです。現在ではヒアルロン酸注入法が主流となっていますが、コストのことを考えてしわやたるみの予防・解消のためにリフトアップを選ぶ人は多くいます。